岡山市立灘崎中学校区「地域との連携」の取組

【灘崎小学校】
○ねらい

 中学校区のこ保小中及び地域との情報共有と行動連携を図り、協力して自立した子どもの育成を図る。 

@ 地域協働学校
 地域協働学校連絡会を開き、学校園・地域の人・保護者・関係機関の連携を深めている。また、部会ごとに特色ある活動を行っている。
 運営協議会では、オフメディアの取組を児童自身に発表させることで、オフメディアに関する地域挙げての取組の気運を高めようとしている。

A なだっ子算数教室
 毎週水曜日の5校時に、低・中・5年・6年の順に算数教室(余裕時数を使った補充的な学習)を実施している。その際に、担任が準備したプリントの丸を付ける作業の補助を行っていただいている。すぐに採点が済むので、意欲的に取り組んだり間違いを直して弱点を克服したりすることができている。


○成果
 保育園、こども園、小中学校が連携して地域の活動と協力できている。


【彦崎小学校】
○ねらい

 中学校区のこ保小中及び地域との情報共有と行動連携を図り、協力して自立した子どもの育成を図る。 

B 地域協働学校
 地域協働学校連絡会を開き、学校園・地域の方・保護者・関係機関の連携を深めている。また、部会ごとに活動を行っている。
運営協議会では、学期に1回学校の様子についての情報交換を行うことで、よりよい学校づくりにつながっている。

C ご近所スクラム隊
 毎日の登下校の見守りにより、児童の安心安全な学校生活をサポートしていただいている。年一回は「感謝の会」を実施し交流を図っている。


○成果
 地域と力を合わせ、日頃から情報交換を密にすることで、児童へのタイムリーな指導ができている。


【七区小学校】
○ねらい

 オフメディアについて地域で方向性をそろえ取り組む。

D オフメディアに関する川柳募集
 地域によびかけて、オフメディアに関する川柳を募集した。優秀作品は、公民館祭りで表彰し地域に掲示した。さらに、他校の優秀作品を校内に掲示紙、啓発に努めた。


○成果
 オフメディア宣言に加えて、川柳を作ることを通して、メディアの功罪について考えることができた。