赤磐市立山陽小学校「地域との連携」の取組

○ねらい
 体験を重視し、人と関わる中で主体的な探求活動を行い、充実感を味わわせる。

 @ 地域の人材活用
  社会科や生活科、総合的な学習の時間を中心に探求的な学習ができるよう多くの地域の方々や関係機関の方々をゲストティーチャーとして招いた。

参考資料
>>> 桃作り(写真)古墳県学(写真)赤磐農業調査隊(写真)

A 保護者ボランティアとの連携
  保護者が学習支援ボランティア、図書ボランティア、読み聞かせボランティア、あいさつボランティアとなり、学校教育に参画することで、学習指導や学校生活の充実を図った。


○成果
 常に保護者や地域の方々、関係機関の方々が来校されているという感覚になっている。地域ボランティアの方々や関係機関の方々によって生活科や総合的な学習など実体験が充実してきた。また、年間のべ500人を超える保護者ボランティアにより、学習支援が充実してしてきた。児童は、多くの方々に支えられているということを実感できるようになってきた。




HOME