津山市立鶴山小学校「地域との連携」の取組

○ねらい
 @学校支援地域本部事業を活用して、学校支援ボランティアの充実を図る。
 APTA活動を活性化させて、保護者と学校、保護者同士のよりよい関係づくりをめざす。

 @ 学校支援地域本部、PTA活動
  @登下校の見守り活動や環境整備、各種行事への参加だけでなく、家庭科や習字、クラブ活動や体験学習などの学習ボランティアの支援を充実させてきた。
 A学校支援ボランティアの皆さんが、地域の中でも子ども達に広くかかわり支援する取組(各町内の入学を祝う会等)を進めて下さっている。
 B全学年で「親育ち応援プログラム」を活用して、保護者同士の話し合いや交流を図ってきた。
 C学級・学年懇談では、子どもの発達・子育ての視点で話し合いをする機会を持つようにしている。
 ・「学級役員を担任のファンに、PTAを学校の応援団」にすることをめざす。

参考資料
>>> 学習ボランティア親プロ感想


○成果
 @学校支援ボランティアの皆さんや地域の皆さんは労を惜しまず協力してくださっている。しかし、地域コーディネーターが決まっていないため、連絡調整に課題がある。
 A学習ボランティアの皆さんの声かけや支援により、目や声の届かなかった児童にもきめ細かい指導が行き渡るようになり、気になる子ども達も落ち着いて学習できるようになってきた。
 B今まで保護者同士が話しあう機会が少なかったため、参加された方は非常に満足されて再開を希望されている。
 C参加者が1/3〜半分程度で少なく、いい話し合いがあっても全体に広がりにくい。担任からの働きかけと、保護者同士の口コミによる呼びかけが必要。




HOME