岡山県総合教育センター
トップ高等学校(商業)>研修講座の記録(本年度)
  本年度(令和元年度)高等学校商業の先生方を対象   に実施した研修講座の記録
本年度の研修講座の記録
令和元年度

地域ビジネス(企業)を題材にした授業づくり研修講座(商業)
講座番号:C185010
期   日:令和元年10月23日(水) 9:30〜16:15
参   加:31名
講   師:株式会社引両紋 代表取締役 青山雅史
       岡山県総合教育センター情報教育部 指導主事 伊藤稔文
研修内容
(1)講義「新学習指導要領(商業)について」
(2)講演「岡山県産のお茶が岡山県内で消費される文化を作るために」
      株式会社引両紋 代表取締役 青山雅史
(3)講義「主体的・対話的で深い学びの実現のために〜ケースメソッド〜」
      岡山県総合教育センター 指導主事 伊藤稔文
(4)ケースメソッドで活用する「ケース教材」の作成実習
(5)模擬授業
(6)研修の振り返り・まとめ

    

【受講者の感想】
〇午前の講演はとても話に引き込まれました。青山社長のやってこられたことが授業づくりの参考になりました。
〇普段ケース教材を作成することがなかったので、今日学んだことを生かして少しづつでも作成していきたいと思います。青山社長のお話しは、学校現場の様々な場面で生かせると思いました。
〇青山先生の講演が起業家としても、生き方としても生徒に伝えたい事ばかりでした。
〇検定取得だけでなく、科学的根拠に基づいた授業づくりの必要性や重要性を認識することができた。授業を大胆に改善していきたいと思います。


学習基盤としての情報活用能力育成を意識した授業づくり研修講座
(商業)

講座番号:C185011
期   日:令和元年7月3日(水) 9:30〜16:15
参   加:24名
講   師:鳴門教育大学大学院 准教授 泰山 裕
       岡山県総合教育センター情報教育部 指導主事 伊藤稔文
       岡山県立和気閑谷高等学校 教諭 安東真美
研修内容
(1)講義「新学習指導要領におけるマネジメント分野科目群の科目について」
(2)講義「新学習指導要領における情報活用能力の位置付けとその育成について」
      岡山県総合教育センター 指導主事 伊藤稔文 
(3)実践発表
      「思考ツールを活用した授業づくり」
       岡山県立和気閑谷高等学校 教諭 安東真美
(4)講義・演習
      「思考スキル、思考ツールを活用した授業づくり」
      鳴門教育大学大学院 准教授 泰山 裕
(5)研修の振り返り・まとめ
(6)情報提供

     

     
【受講者の感想】
○社会の変化、求められている力、情報活用能力について理解を深めることができた。
○「考える」という抽象的な言葉について、具体的に思考スキルに落とし込んで生徒に指示していくことで、生徒の「考える」を支援していきたい。
○学習目標を思考スキルで捉えることで思考を支援する内容が明確になることが大変よく分かった。
 「考える」を具体化し、生徒に伝えていきたい。
○情報活用能力が学習指導要領において学習基盤として位置付けられた理由が理解でき、授業で生徒の情報活用能力を伸ばすたの仕掛けを作っていきたい。
○思考ツールを効果的に活用し、生徒の思考力を高める授業アイデアや着想を多く得ることができた。