岡山県総合教育センター
トップ高等学校(商業)>研修講座の記録(過去)
  高等学校商業の先生方を対象に実施した研修講座の記録
過去の研修講座の記録
平成29年度
ビジネスデータ活用研修講座(商業)
講座番号:C185009
期   日:平成29年10月25日(水) 9:30〜16:15
参   加:23名
講   師:岡山県総合教育センター情報教育部 指導主事 伊藤稔文
       岡山県立玉島商業高等学校       教   諭  鳥越康正
研修内容
(1)講義「次期学習指導要領の改定の方向性と情報活用能力育成の必要性」
   岡山県総合教育センター 指導主事 伊藤稔文
(2)実践発表・模擬授業
     「思考ツールを活用した授業づくりについて」
   岡山県立玉島商業高等学校 教諭 鳥越康正
(3)講義・実習「ケースメソッドについて」
   岡山県総合教育センター 指導主事 伊藤稔文
   ・ケースメソッドとは
   ・ケース教材作成のポイント
   ・授業での活用方法
(4)ケース教材作成実習
(5)作成したケース教材を活用した模擬授業
(6)授業における教科書活用のお願い


ICTを活用した会計分野の授業づくり研修講座(商業)
講座番号:C185008
期   日:平成29年7月5日(水)9:30〜16:30
参   加:26名
講   師:岡山県立玉島商業高等学校 指導教諭 三村武志
研修内容
(1)講義「次期学習指導要領と情報活用能力育成について」
    岡山県総合教育センター 指導主事 伊藤稔文
(2)発表「ICTを活用した会計分野の授業づくり」
    岡山県立玉島商業高等学校 指導教諭 三村武志
  ・会計科目の現状
  ・実践事例報告(実物投影機、パワーポイント、タブレットPCの活用)
  ・主体的、対話的で深い学びについて
(3)講義・実習
    「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム
     (EDINET)を活用した財務分析の授業づくり」
   主体的、対話的で深い学びを実現するための授業づくりとして、EDINETから実在する企業の有価
  証券報告書を閲覧し、収益性、安全性、生産性、成長性そして企業価値を算出し、期間比較、企業間
  比較を行う全5時間の授業モデルを体験していただきました。
  資格取得の過程で、生徒が身に付けた知識や技術を活用させる場面を授業の中に取り入れる授業
  づくりの大切さについて理解を深めていただきました。

平成28年度
ICTを活用した会計分野の授業づくり研修講座(商業)
講座番号:C185008
期   日:平成28年7月6日(水) 9:30〜16:15
参   加:21名
講   師:岡山県立岡山東商業高等学校 教   諭  矢部大輔
研修内容
(1)講義「情報活用能力育成の必要性とアクティブ・ラーニング」
    岡山県総合教育センター 指導主事 伊藤稔文
(2)講義・実習
     「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム
     (EDINET)を活用した財務分析の授業づくり」
   EDINETから実在する企業の有価証券報告書を閲覧し、収益性、安全性、生産性、成長性そして
  企業価値を算出し、期間比較、企業間比較を行う全5時間の授業モデルを体験していただきました。
  生徒が授業で身に付けた知識や技能を実際に活用させることを通じて、深い学びの過程が実現で
  きます。思考・判断・表現させる場面を効果的に設計した授業づくりについて考えていただきました。



ビジネスデータ活用研修講座(商業)
講座番号:C185009
期   日:平成28年10月26日(水) 9:30〜16:15
参   加:21名
講   師:岡山県立倉敷商業高等学校 教   諭  小寺孝志
研修内容
(1)講義「情報活用能力育成とアクティブ・ラーニングの視点からの授業改善」
   岡山県総合教育センター 指導主事 伊藤稔文
(2)実践発表「課題解決型学習について」
   岡山県立倉敷商業高等学校  教諭 小寺孝志
(3)講義・実習「ケースメソッドについて〜ケース教材の作成〜」
   ・ケースメソッドとは
   ・ケース教材作成のポイント
   ・授業での活用方法
(4)発表・模擬授業
(5)教科書の活用について