岡山県総合教育センター
トップ>高等学校(商業)
  過去の研修講座の記録
高等学校(商業)
商業研究室
  ○ようこそ商業研究室へ
 商業研究室では,高等学校(商業)の授業が,先生方と生徒の皆さんにとって楽しく,有意義なものになるようお手伝いができたらと考えています。
 時代の変化に対応し新しい指導方法が求められています。特に生徒がビジネスの諸活動に興味をもち,自ら考え意欲的に学習に取り組むことができるような新しい切り口の授業づくりのために,様々な情報を提供できるように取り組みます。
 
 研修講座や各種情報を先生方にお届けし,授業力向上のお役に立ちたいと思っています。

担 当:情報教育部 
       指導主事 伊藤 稔文 (いとう としふみ)
              松田こずえ (まつだ  こずえ)

連絡先:〒716-1241
       岡山県加賀郡吉備中央町吉川7545−11
      TEL 0866−56−9107
      FAX 0866−56−9127
      E-mail toshifumi_itoupref.okayama.lg.jp
○研修講座のご案内 
講座受付システムは,講座当日の5日前まで入力できます。
それ以降の申し込みの場合,
直接お電話にてお問い合わせください。
 
講座受付システム
※講座申込は1日ごとにお申し込みください。入力後は必ず確定ボタンを押してください。

平成30年度高等学校商業研修講座
  過去の研修講座実施報告はこちらから
 両講座とも「主体的、対話的で深い学び」「情報活用能力育成」の
                           視点からの授業改善がテーマです!

7/4(水)9:30〜16:15 地域ビジネス(企業)を題材にした授業づくり研修講座 
 地域ビジネスを支える人材育成の観点からの授業づくりに関する研修。地域を盛り上げている企業の方から経営方針やお店づくり、商品開発について伺い、講演内容からケース教材を作成する実習を行います。生徒が主体的に学ぶことができる授業づくりについて学びます。      定員20名


○10/24(水)9:30〜16:15 学習基盤としての情報活用能力育成を
                               意識した授業づくり研修講座

 新学習指導要領では、情報活用能力が言語活動などと並列で学習基盤として位置付けられました。情報活用能力育成を意識した授業づくりが求められています。商業の授業で、生徒の情報活用能力を育成するための授業づくり(手立て)について学びます。     定員20名


平成30年度高等学校商業研修講座の案内チラシはこちら


<教科商業に関する情報>

★学習指導要領
 高等学校学習指導要領解説 商業編【文部科学省(平成30年7月)】
 高等学校学習指導要領 比較対照表 商業【文部科学省(平成30年7月)】
 高等学校学習指導要領【文部科学省(平成30年3月)】
 高等学校学習指導要領の改定のポイント【文部科学省(平成30年3月)
 高等学校学習指導要領解説 商業編 【文部科学省(平成22年1月】

評価規準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資料(高等学校 専門教科 商業)
 【国立教育政策研究所教育課程研究センター(平成25年3月)】

学習指導案の形式(例) 高等学校農業、工業、商業、看護、情報、福祉



<所員研究等>

情報活用能力育成のための授業実践リーフレットの開発と評価
 【岡山県総合教育センター平成27年度研究紀要】
   リーフレット「実践的,主体的に身に付けさせたい!情報活用能力」

<長期研修員研究成果>
情報活用の実践力を育成する指導法の一考察
 −教科「商業」におけるワークシートと思考ツールを活用した学習活動を通して−

 【平成28年度  岡山県立玉島商業高等学校 教諭 鳥越 康正】

高等学校商業科目「マーケティング」におけるディジタル教材を活用した指導法の開発
 【平成21年度  岡山県立倉敷鷲羽高等学校 教諭 伊藤 稔文】
 ○教育の情報化・情報教育のトップページへ
Copyright (C) Okayama Prefectural Education Center ALL Rights RESERVED.