岡山県総合教育センター
トップ理科>高等学校理科実習助手への支援>
   
高等学校理科実習助手への支援
  本ページでは,高等学校理科実習助手研修講座の内容や様子等について紹介します。高等学校理科に関する基礎的な理論について研修するとともに,観察・実験の準備,片付け等に必要な技能などの習得を図っています。
 また,本ページの最後には,観察・実験の準備,片付け等で各学校で工夫されていることなどをまとめました。合わせてご覧ください。
 
平成30年度高等学校理科実習助手研修講座のご案内
講座受付システムは,講座当日の5日前まで入力できます。
それ以降の申し込みの場合,
直接電話にてお問い合わせください。  講座受付システム
※1日ごとお申し込みください。入力後は必ず確定ボタンを押してください。
※講座は,原則として1日ごとの受講が可能です。

 
・平成30年度案内チラシ
  理科実習助手研修   理科観察実験基礎
   

 ◇高等学校理科実習助手研修講座等の様子

平成29年度

・平成28年度(第1日第2日理科実習研究会

平成24年度〜平成27年度

観察・実験のコツ
 観察・実験の準備や片付けにおいて,各学校で工夫されていること,注意すべき操作などについて,いただいた情報をまとめていきたいと考えています。  
 分野  内容
 全体  ・試薬びんと駒込ピペットの色をビニルテープなどで合わせておくと分かりやすい。また試薬が混ざらないように,栓にも印を付けておくとよい。
・氷浴の容器として2Lのペットボトル(四角いもの)を半分にカットしたものを使用する(破損の心配がない)。
 物理  
 化学  ・メスシリンダーで水上置換する際に,水中で薬包紙をかぶせて倒立させるとよい。
・pHの測定:アルカリ性の食品が少ないので卵白を使用するとよい。
 生物  ・体細胞分裂の観察:コムギの種は発芽しやすい。芽の根元がよい。
 地学  

 観察,実験の準備,実施,片付け等で,他にもコツやお気づきの点がありましたら
ご連絡ください。
   〒716-1241 岡山県加賀郡吉備中央町吉川7545-11  TEL(0866)56-9103  FAX(0866)56-9123   
            岡山県総合教育センター 指導主事 中村 崇  E-mail:takashi_nakamura3@pref.okayama.lg.jp


 理科のページへもどる
Copyright (C) Okayama Prefectural Education Center ALL Rights RESERVED.