岡山県総合教育センター
トップ理科>中学校理科・高等学校理科(地学)
           岡山県マスコット ももっち
中学校理科・高等学校理科(地学)


 中学校理科・高等学校理科(地学)研究室
 
    ようこそ中学校理科・高等学校理科(地学)研究室へ


 




http://www.edu-ctr.pref.okayama.jp/gakkoushien/kou_chigaku/index.htm
担 当:教科教育部 指導主事
    伊藤 昌訓(いとう まさのり)

連絡先:〒716-1241
  岡山県加賀郡吉備中央町吉川7545-11
 
TEL;0866-56-9103  FAX;0866-56-9123
 
E-mail masanori_itou(AT)pref.okayama.lg.jp
   ※ 
(AT)@に変えてください。
 
 次期学習指導要領の改訂も見据えて、どのように授業づくりを進めればよいのかを提案し、日々の授業が魅力的になるようお手伝いできたらと考えています。
 地学に関しては、様々な切り口の研修講座や各種情報を先生方にお届けし、授業力の向上のお役に立てるようにがんばります。
 また、中学校理科については、全般的なもの及び第2分野地学領域を取り上げています。他の領域については、次の研究室もご参照ください。


第1分野 物理的領域 物理研究室
化学的領域 化学研究室
第2分野 生物的領域 生物研究室

 
平成30年度研修講座のご案内
 
 講座受付システム
は,
講座当日の5日前まで入力できます。
 それ以降の申し込みの場合,
直接お電話にてお問い合わせください。
 
               
 
 ※講座は,原則として1日ごとの受講が可能です。
 ※1日ごとにお申し込みください。入力後は必ず確定ボタンを押してください。
 
平成30年度
高等学校理科研修講座(地学)


平成30年度
中学校理科研修講座 
 

   ・過年度の研修講座の様子
 
 ・  高等学校理科研修講座(地学)【H29年度】の様子 

 ・  中学校理科研修講座【H29年度】の様子 
 
 ・  高等学校理科研修講座(地学)【H28年度】の様子 

 ・  中学校理科研修講座【H28年度】の様子 

 ・  高等学校理科研修講座(地学)【H27年度】の様子 

 ・  中学校理科研修講座【H27年度】の様子 

 ・  高等学校理科研修講座(地学)【H26年度】の様子 

 ・  中学校理科研修講座【H26年度】の様子 

 ・  高等学校理科研修講座(地学)【H25年度】の様子 

 ・  中学校理科研修講座【H25年度】の様子 

 ・  高等学校理科研修講座(地学)【H24年度】の様子

 ・  中学校理科研修講座【H24年度】の様子

 ・  高等学校理科研修講座(地学)【H23年度】の様子

 ・  中学校理科研修講座【H23年度】の様子
               
 
 topics
地質時代区分が変更
されました
新第三紀鮮新世に入れられていたジェラ期が,第四紀更新世に含まれることになりました。これにより,第四紀の始まりは258万年前となります。
 ※ 参照:日本地質学会のWebページhttp://www.geosociety.jp/faq/content0203.html#q1

改訂岡山県「地学のガイド」が刊行されました。



中学校理科に関する情報

【リンク】
全国学力・学習状況調査関係

 中学校理科問題【H30実施
  同 正答例
  同 解説資料

 中学校理科問題【H27実施】
  同 正答例
  同 解説資料
  同 報告書

 中学校理科問題【H24実施】
  同 正答例
  同 解説資料
 全国学力学習状況調査 授業アイデア例【H24.9】
 全国学力・学習状況調査の結果を踏まえた理科の観察・実験に関する指導事例集【H26.2.27】

国際学力調査について【OECD生徒の学習到達度調査(PISA2009),国際数学・理科教育動向調査(TIMSS2007))】(文部科学省

・「評価規準の作成,評価方法等の工夫改善のための参考資料(中学校 理科)」(国立教育政策研究所)【H23.7】

「言語活動の充実に関する指導事例集【中学校版】(文部科学省)【H23.5.30】

 平成20年3月告示中学校学習指導要領(理科)解説(zip,文部科学省)【H20.7.15】
平成20年3月告示中学校学習指導要領(理科)(文部科学省)【H20.3.28】
 


高等学校理科(地学)に関する情報


【リンク】
 ・評価規準の作成,評価方法等の工夫改善のための参考資料 理科編(PDF,国立教育政策研究所)【H24.3】
 ・高等学校学習指導要領解説 理科編(PDF,文部科学省)【H21.7】
 ・「平成20年度高等学校理科教員実態調査」集計結果(速報)について(科学技術振興機構(JST))(国立教育政策研究所)【H21.3】

 ・平成21年3月告示高等学校学習指導要領本文(PDF,文部科学省)【H21.3】
 ・平成17年度高等学校教育課程実施状況調査(国立教育政策研究所)【H19.4】



所員研究等

 ・学ぶ意義や有用性を実感する理科の授業づくり-科学と人間生活との関わりを意識した実践事例-【H29.2】

 ・系統性を踏まえた理科の授業づくり-科学的な見方や概念を柱とした観察,実験の実践例-【H27.2】

 ・新学習指導要領の趣旨を踏まえた新しい学習評価の在り方に関する研究(中学校編)【H23.2】
 ・新学習指導要領を踏まえた新しい授業づくりに関する研究
  >授業実践事例集 中学校編【H22.2】
  >新学習指導要領の趣旨を生かした授業づくり(リーフレット集)【H21.6】
 ・日常生活に関連した地学教材の開発とその活用-石灰岩と花こう岩を例に- 【H19.1】
 ・中学校・高等学校の地学領域における指導法の改善【H17.2】
 ・地学的な時間と空間の感覚を育てるための指導の工夫【H15.2】
 ・地域の自然の教材化【H13.2】
 ・IT教育改善モデル開発・普及事業 心も育つ理科コンテンツの開発と活用
 ・心も育つ理科コンテンツの開発と活用(その2)

 所員研究


長期研修員研究報告
(所属は長期研修当時のもの)
 
・理科で学ぶことと実社会・実生活との関連を重視した指導法の工夫【H23.3】
   井原市立井原中学校 教諭 片山健治

 ・電流の単元における導入やモデル教材の工夫に関する研究【H20.3】
   岡山市立操南中学校 教諭 竹内 誠
 ・目的意識を持ち主体的に観察,実験に取り組むための指導方法の工夫
  -第1学年「植物の生活と種類」「身の回りの物質」の実践を通して-【H18.3】
    津山市立中道中学校 教諭 林原広幸



理科指導資料


理科指導資料は,当センターの理科の指導主事が学校の協力委員の先生とともに作成しているものです。ご自由にダウンロードしてご利用ください。

●中学校
H21 配付 新学習指導要領における中学校理科の指導方法の改善 (pdf 約2Mb)

●高等学校
高等学校理科指導資料 生徒の力を引き出す「基礎を付した科目」の探究活動実践事例集【H25.2】

H21 配付 観察,実験のためのプレゼンテーション資料集(pdf 約6Mb)
 資料ダウンロード(PowerPoint2003で作成し,zip形式で圧縮しています) 
 下の表から必要なファイルをデスクトップ上にダウンロードしてください。
 自動解凍します。

分野 物理分野 化学分野 生物分野 地学分野
内容 等加速度直線運動 重力 中和滴定 有機化合物の分離
(動画を含む)
顕微鏡の
使い方
ミクロメーターの原理 体細胞分裂 地質時代と
生物の変遷
イラストを
クリックすると
ダウンロード
できます
0.4Mb 0.4Mb 6Mb 12Mb 3Mb 0.2Mb 0.3Mb 2.4Mb
ファイル名 p1 p2 c1 c2 b1 b2 b3 g1

H20 配付 岡山県総合教育センターの理科機器の使い方
H19 配付 理科の観察,実験における安全の手引
H18 配付 日常生活に関連した理科の学習指導
H17 配付 校外における理科指導ガイド
H16 配付 理科総合 演示実験資料集
H15 配付 薬品管理の手引き

☆いろいろな岩石があります

岡山県の岩石標本 21種

 

No. 1 礫岩

産 地 上房郡有漢町

堆積岩

N0. 2 砂岩

産 地 津山市小田中

堆積岩

No. 3 泥岩

産 地 真庭郡勝山町

堆積岩

No. 4 石灰岩

産 地 新見市井倉

堆積岩

N0. 5 チャート

産 地 後月郡芳井町

堆積岩

No. 6 凝灰岩

産 地 和気郡閑谷

堆積岩

N0. 7 珪藻土

産 地 真庭郡八束村

堆積岩

No. 8 黒雲母花崗岩

産 地 赤磐郡吉井町

火成岩

No. 9 黒雲母花崗岩

産 地 笠岡市北木島

火成岩

N0.10 閃雲花崗岩

産 地 岡山市万成

火成岩(万成石)

N0.11 閃緑岩

産 地 和気郡佐伯町

火成岩 花崗閃緑岩

N0.12 閃緑岩

産 地 真庭郡湯原町

火成岩 石英閃緑岩

 

 

 

 

 

No.13 斑れい岩

産 地 鳥取県日野郡

火成岩

N0.14 かんらん岩

産 地 上房郡北房町

火成岩

No.19 砂岩ホルンフェルス

産 地 井原市高谷

変成岩

No.20 黒色片岩

産 地 津山市田邑

変成岩

N0.15 流紋岩

産 地 和気郡和気町

火成岩

N0.16 安山岩

産 地 真庭郡八束村

火成岩

No.21 火山灰(プレパラート)

産 地 真庭郡八束村

No.17 玄武岩

産 地 久米郡柵原町

火成岩

No.18 晶質石灰岩

産 地 新見市正田

変成岩

 

岩石薄片の作り方・偏光顕微鏡での観察

 
Copyright (C) Okayama Prefectural Education Center ALL Rights RESERVED.