岡山県総合教育センター
トップ各教科・領域等情報教育すべての教員が情報モラルを指導するための授業実践パッケージ

 

「授業実践パッケージ」の説明 ビデオ教材について
「授業実践パッケージ」の活用方法 「授業実践パッケージ」の一覧
モデルカリキュラム表と授業実践パッケージ 
大 目 標 小学校
1〜2年
小学校
3〜4年
小学校
5〜6年
中学校 高等学校
1.情報社会の倫理 a1-a3:発信する情報や情報社会での行動に責任を持つ a4-a5:情報社会への参画において責任ある態度で臨み,義務を果たす 
b1-b3:情報に関する自分や他者の権利を尊重する b4-b5:情報に関する自分や他者の権利を理解し,尊重する
2.法の理解と遵守 c2-c3:情報社会でのルール・マナーを遵守できる c4:社会は互いにルール・法律を守ることによって成り立っていることを知る c5:情報に関する法律の内容を理解し,遵守する
3.安全への知恵 d1-d3:情報社会の危険から身を守るとともに,不適切な情報に対応できる d4-d5:危険を予測し被害を予防するとともに,安全に活用する
e1-e3:情報を正しく安全に利用することに努める e4-e5:情報を正しく安全に活用するための知識や技術を身につける
f1-f3:安全や健康を害するような行動を抑制できる f4-f5:自他の安全や健康を害するような行動を抑制できる
4.情報セキュリティ g2-g3:生活の中で必要となる情報セキュリティの基本を知る g4-g5:情報セキュリティに関する基礎的・基本的な知識を身につける
h3:情報セキュリティの確保のために,対策・対応がとれる h4-h5:情報セキュリティの確保のために,対策・対応がとれる
5.公共的なネットワーク社会の構築 i2-i3:情報社会の一員として,公共的な意識を持つ i4-i5:情報社会の一員として,公共的な意識を持ち,適切な判断や行動ができる
 情報モラル指導モデルカリキュラム表とは,平成18年度文部科学省委託事業「情報モラル等指導サポート事業」(社団法人日本教育工学振興会及び財団法人コンピュータ教育開発センター)の成果として作成されたものです。
Copyright (C) Okayama Prefectural Education Center ALL Rights RESERVED.