岡山県総合教育センター
トップ道徳>研修講座の様子(H27)
   
道徳教育研修講座
研修講座の様子
【平成27年度】
日時 内     容 様       子







平成27年
7月28日
(火)
 

教育活動全体で行う道徳教育の推進
【午前】
○説明
「学習指導要領改正の趣旨を生かした道
 徳教育」
 岡山県総合教育センター
         指導主事 山本 結城
○実践発表
「学校全体で行う道徳教育の体制づくり」
 矢掛町立川面小学校
            教頭 河野 由美子
【午後】
○講演
「教育活動全体で行う道徳教育の推進」
 環太平洋大学
         特任教授 大野 光二

  
     実践発表の様子          講演の様子

【感想】
・文部科学省レベルの大きな流れ、具体とも両方あり
 理解が深まった。教育活動の要となる道徳なので、
 常にアンテナを張っておきたい。
・教科化に向けて、年間計画の見直しを行っているが
 、全体計画もしっかり見直しを行い、学校の実態に
 より合った具体的なものを作成していく必要がある
 と改めて感じた。







平成27年
8月18日
(火)
 

心を育てる要の道徳の授業づくり
【午前】
○実践発表
「刑部小学校の取組について」
 新見市立刑部小学校
         主幹教諭 大月  勝
「『道徳の時間』の充実をめざして」
 高梁市立有漢西小学校
            教諭 難波 和美
「組織的な道徳教育の進め方と協同学習
 を利用した実践」
 真庭市立美甘小学校
            校長 小島  亨
【午後】
○講演
「心を育てる要となる道徳の授業づくり」
 京都産業大学  教授 柴原 弘志

  
      協議の様子            講演の様子

【感想】
・道徳教育、道徳の時間に苦手意識をもっていたが、
 「ねらいに対して効果があるかどうか」を常に意識し
 て、資料を選んだり発問を考えたりすればよいとい
 う新たな視点を得ることができた。
・柴原先生の「子どもとともに」という言葉が強く印象
 に残った。日頃から子どもたちの様子をしっかり見
 てつけたい力や補いたい力を考え授業づくりを行い
 たいと感じた。





平成27年
11月27日
(金)

児童生徒の心に響く道徳の授業づくり
【午前】
○授業公開
 真庭市立勝山中学校
            教諭 平尾 彩香
○研究協議
【午後】
○授業公開
 真庭市立勝山小学校
            教諭 桑田 志信
○研究協議

【資料】明かりの下の燭台
     (あかつき「中学生の道徳2自分を考える」)
【感想】
・生徒が自分で考え、意見を交流させ、葛藤していく
 授業の流れを考えさせていきたいと感じました。

【資料】図書館員の悩み
     (文溪堂「6年生の道徳」)
【感想】
・中、小と連続して参観することで、違いやつながりな
 ど学ぶべきものが多かった。
 
Copyright (C) Okayama Prefectural Education Center ALL Rights RESERVED.