岡山県総合教育センター
トップ社会、地理歴史・公民>中学校社会
   
中学校社会

ようこそ中学校社会研究室へ
 
  中学校社会研究室では、中学校社会科の授業が先生と生徒 にとって楽しく有意義なものになるようお手伝いできればと思い ます。様々な切り口の研修講座や各種情報を先生方にお届け
  し、授業力向上のお役に立てるようがんばります。よろしくお願 いいたします。

担  当:教科教育部 指導主事 谷岡 奈央(たにおか なお)
   E-mail nao_tanioka(AT)pref.okayama.lg.jp
                ※(AT)を@に変えてください
連絡先:〒716-1241
   岡山県加賀郡吉備中央町吉川7545−11
   TEL 0866−56−9103  FAX 0866−56−9123
  

研修講座のご案内    
 
講座受付システムは、講座当日の5日前まで入力できます。
それ以降の申し込みの場合、
直接お電話にてお問い合わせください。

※講座は、原則として1日ごとの受講が可能です。
※1日ごとお申し込みください。入力後は必ず確定ボタンを押してください。
 
平成30年度研修講座案内 
←クリック

平成29年度研修講座のまとめ ←クリック


⇒講座受付システムへ

 ※講座受付システムは、講座当日の5日前まで入力できます。
 それ以降の申し込みの場合、
直接お電話にてお問い合わせください。

※講座は,原則として1日ごとの受講が可能です。
 1日ごとお申し込みください。入力後は必ず確定ボタンを押してください。

 
社会科指導案の形式例

学習指導案を作成する場合、評価規準とともに少し長い区切り(単元または内容の
まとまり)の中での本時の位置付けが明確に示されていることが大切です。

学習指導案の作成に当たっては、「学習指導要領解説」、「評価規準の作成、評価方
法等の工夫改善のための参考資料(中学校社会)」などをぜひ参考にしてください。
また、リーフレットには具体的な参考資料の活用方法が記載されています。

⇒中学校 学習指導案の形式例

「『評価規準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資料』の活用方法について」
                       (リーフレット H23.11 国立教育政策研究所)
「評価規準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資料」(中学校社会)
                               (H23.11 国立教育政策研究所)
                         
また、少し長い区切りの中で指導と評価の計画を作成する場合、何らかの形式で構造化して
学習内容が整理されていると参考になります。中学校学習指導要領解説(社会編)には、歴 
史的分野での学習を例にして「学習内容の構造化図(部分例)」が示されていますので参考
にしてください。

講座受付システムへ
   
       
社会研究室通信


平成21年度までの「中学社会研究室通信」をまとめてご覧いただけるようにしています。
学習指導要領の内容と具体的な授業実践をつなぐヒントを少しでも提供できればと
思います。ぜひご覧ください。

講座受付システムへ          
                  
教科関連情報
 ・中学校学習指導要領解説社会編(文部科学省)【H29.6】
 ・「言語活動の充実に関する指導事例集(中学校版)(文部科学省)【H23.5】
 ・「言語活動の充実に関する指導事例集(小学校版)(文部科学省)【H23.1】
 ・「児童生徒の学習評価の在り方について(報告)(中央教育審議会教育課程部会)【H22.3】
 ・「羅針盤」第25号『社会科授業における地図の活用を考える』(岡山県総合教育センター)【H22
 ・「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について(答申)」
   (中央教育審議会)【H20.1】
 ・「平成20年3月告示小学校学習指導要領」社会(文部科学省)【H20.3】
 ・「平成20年3月告示小学校学習指導要領解説」社会編(文部科学省)【H20.8】
 ・「平成20年3月告示中学校学習指導要領」社会(文部科学省)【H20.3】
 ・「平成20年3月告示中学校学習指導要領解説」社会編(文部科学省)【H20.9】
 ・「高等学校学習指導要領」(文部科学省)【H21.3】
 ・「高等学校学習指導要領解説地理歴史編」(文部科学省)【H21.12】
 ・「「羅針盤」第20号『言語活動の充実・指導計画づくり』」(岡山県総合教育センター)【H21】
 ・「学習指導要領データベースインデックス」(国立教育政策研究所)

所員研究等
 「新学習指導要領の趣旨を踏まえた授業づくり」【H30.2】
 ・「授業づくりの基礎・基本−学校全体で授業改善に取り組むために−(実践編)」
  (ブックレット「授業づくりの基礎・基本」【H26.2】
 ・「授業づくりの基礎・基本 −学校全体で授業改善に取り組むために−」
   (リーフレット「授業づくりの基礎・基本」【H25.2】
 ・「新学習指導要領の趣旨を踏まえた新しい学習評価の在り方に関する研究」
   ( 「学習評価 授業実践事例集」中学校編)【H25.2】
 ・「新学習指導要領の趣旨を踏まえた新しい学習評価の在り方に関する研究」
   ( 「学習評価 授業実践事例集」小学校編)【H24.2】
 ・「新学習指導要領の趣旨を踏まえた新しい学習評価の在り方に関する研究」
   ( 「学習評価ガイドブック」 小学校編)【H23.3】
 ・「新学習指導要領の趣旨を踏まえた新しい学習評価の在り方に関する研究」
   ( 「学習評価ガイドブック」 中学校編)【H23.3】
 ・「新学習指導要領を踏まえた新しい授業づくりに関する研究 授業実践事例集」
  −小学校編−【H22.2】
 ・「新学習指導要領を踏まえた新しい授業づくりに関する研究 授業実践事例集」
  −中学校編−【H22.2】
 ・「新学習指導要領の趣旨を生かした授業づくり(小学校社会科)−リーフレット−」【H21.3】
 ・「新学習指導要領の趣旨を生かした授業づくり(中学校社会科)−リーフレット−」【H21.3
 ・「資料を読み解くことで社会的な見方や考え方を育てる中学校社会科の授業づくり」【H20.2】
   
講座受付システムへ

長期研修員研究報告等(所属は長期研修当時のもの)

【平成21年度】
 ・「複数の地理的事象を関連付けた考察を促す指導方法の工夫」
   玉野市立東児中学校 教諭 川ア 浩一
【平成20年度】
 ・「資料の読み取りや考察を促す手だての工夫」 −小学校第6学年社会科の授業実践を通して−
   総社市立総社小学校 二澤弘和
 ・「歴史的事象の意味・意義を理解する指導方法の工夫」
   赤磐市立桜が丘中学校 教諭 青山 敏之
【平成18年度】
  「歴史上の人物の業績同士の関係をとらえるための学習指導の工夫」
   岡山市立彦崎小学校 渡邊将勝
【平成17年度】
 「意志決定の場面における地図活用の工夫」 −第5学年「食料生産をささえる」の実践を通して−
  岡山市立芳泉小学校 土居裕士
【平成16年度】
 「社会的思考・判断スキル」を習得させる歴史的分野の学習指導の工夫
  倉敷市立玉島東中学校 教諭 佐藤貴則

講座受付システムへ

Copyright (C) Okayama Prefectural Education Center ALL Rights RESERVED.