自然の豊かさを印象付け,身近な自然への関心を高める環境学習
−体験的な活動の位置付けについて−
                              総社市立池田小学校 池上 宗一郎 
研究の概要
総合的な学習の時間において,自然の豊かさを印象付ける体験的な活動の位置付けを工夫した。身近な自然の存在に興味を持たせる体験的な活動と,自然の仕組みや働きについての理解を深める体験的な活動とを学習の流れに位置付け,自然を守ったり探究したりしている人との活動を工夫することによって,児童の身近な自然への関心を高めることができた。
キーワード
総合的な学習の時間,体験的な活動,環境学習, 調査活動,観察,実験