福祉教育を軸とした
   総合的な学習の実践
               −「体験学習の循環プロセス」に基づく展開の工夫−

          備前市立吉永中学校 岡村 好朗

研究の概要  
      本研究では、福祉教育を軸とした総合的な学習の時間の展開
   の工夫について探った。その結果、「体験学習の循環プロセス」に
   基づく展開の工夫を図ることが、一人一人の様々な違いに気付き
   互いに認め合う態度を育てるために効果的であることが分かった。

   キーワード 中学校,総合的な学習の時間,
     福祉教育,体験学習の循環プロセス

一太郎ファイル
1年「高齢者に学ぶ」単元計画
1年「福祉について学ぶ」単元計画
報告書へ
もどる