小学校高学年における
  発達段階に応じた英語活動の指導の工夫

                               岡山市立平福小学校  伊藤 しのぶ         

研究の概要
本研究では,児童が英語に興味・関心を持ちながら積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成するために,発達段階に応じた英語活動の指導と評価の工夫を行い,授業を実践した。その結果,活動展開の工夫をすることで,「人とかかわろうとする態度」を育成でき,教師による評価と児童による
自己評価及び相互評価の工夫をすることで,「相手を理解し,自分の思いを表現しようとする態度」の育成ができることが分かった。

キーワード:小学校英語,興味・関心,コミュニケーション,自己表現力,ルーブリック