研究のテーマ

玉野市立荘内中学校 日吉 康幸

研究の概要

 本研究では,情報活用能力のうちの「情報活用の実践力」を培うために「情報の科学的な理解」を基本とした学習と,評価の方法を検討し,N2法を取り入れた「情報通信ネットワーク」の授業実践を行った。その結果,情報手段の原理や仕組みを理解した上でネットワークを利用した実習を行うことが,「情報活用の実践力」の向上につながるということが分かった。

キーワード 情報とコンピュータ,ネットワーク,情報活用能力,N2法,情報の科学的な理解

報告書PDFファイル報告書PDFファイル報告書PDFファイル研究報告書はPDF形式です

研究の目的 本研究では,「情報活用能力」の育成のために「情報の科学的な理解」に基づいた「情報活用の実践力」を培うことを目的とし,そのための工夫点を考えました。

(マウスカーソルを左図に持って行くと絵が変わります。さらにクリックすると・・・)